FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月21日産経新聞からの転記

女性の母乳から放射性ヨウ素…千葉県柏市
2011.4.21 07:03
 福島第1原発事故で各地の水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」が独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析、その結果を20日に発表した。千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放射性ヨウ素を検出、放射性セシウムは検出されなかった。(サンケイスポーツ)

 同団体は生活協同組合などを通じて呼び掛け、千葉のほか、宮城、福島、茨城県内の女性9人から提供を受けた。3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を、文部科学省の放射能測定マニュアルに基づき、民間の放射線測定会社で分析した。

 その結果、千葉県柏市の産後8カ月の女性から36・3ベクレル、茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出。茨城県つくば市の女性2人からも、それぞれ8・7ベクレル、6・4ベクレルを検出。守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。

 宮城県白石市、福島市、福島県棚倉町、茨城県つくばみらい市の4人からは検出されなかった。福島県郡山市の女性の母乳は分析中という。

 厚生労働省によると、原子力安全委員会は母乳に含まれる放射線量について安全基準の指標を示していない。同省は水道水の放射性ヨウ素が1キログラム当たり100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう求めているが、今回検出された数値はそれを下回っている。

 ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。

ここまで:

食物連鎖の頂点に立つ人間なら、上記のことは、当然でしょう。先月18日にはわかっていたことです。

上記の母乳の放射能汚染に関して、本来であれば、国が調査して、検査対象の食事や飲み物等を公開できるポイントは公開して、他の人の日々の食物の選択に役立てるべきではないでしょうか?

やはり、菅政権は、未曾有の国難に、機能麻痺に陥っているとしかいえません。なに、あの会議の数は?なんか役立ってるの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

cottonandbaby

Author:cottonandbaby
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。