FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<放射性物質>横浜でストロンチウム検出 80キロ圏外初 毎日新聞から抜粋

横浜市港北区のマンション屋上で、放射性物質のストロンチウムが検出されたことが、民間分析機関の調査で分かった。同市は調査結果を受けて再検査を始め、近く結果がまとまる見通し。東京電力福島第1原発の80キロ圏外でのストロンチウム検出は初めて。

 マンション屋上にたまった堆積(たいせき)物を住民が採取し、8月に「同位体研究所」(同市鶴見区)で測定したところ、ストロンチウム90(半減期約30年)を1キロ当たり195ベクレル検出。9月中旬、市に連絡があった。

 横浜市は福島第1原発から約250キロ。ストロンチウムはこれまで福島市など80キロ圏内では検出されていたが、文部科学省原子力災害対策支援本部は「横浜での検出は確認中だが、検出されれば80キロ圏外では初めて」と話している。

 市は当初、ストロンチウムの検査は予定していなかったが、研究所の調査結果を受け、区内3カ所で測定を進めている。【山下俊輔、杉埜水脈】
スポンサーサイト

年金 68歳~

年金支給開始年を真剣に検討するより、人口増加の方を真剣に検討すべきではないでしょうか?

43都道府県 17市町村

題名の数は、放射能汚染物質の受け入れを検討している自治体の数です(NHKより)。

もちろん、多くの自治体は、国から交付されるであろう、交付金を目当てにしているのではないかと思います。
(東京は、これとは異なると思いますが。)

放射能付の瓦礫は、発生した地域から他の汚染されてない地域には移動させるべきではないと思うのは、私だけでしょうか?

特に福島県の瓦礫を地方に分散させるのはいかがなものかと思います。原発を持っている県として、少なくとも、自身のところで出た瓦礫は、自身の県にとどめておくべきではないでしょうか?交付金をもらっていたのですし、それくらいあたり前ではないでしょうか?

放射能付の瓦礫を移動させてる際に生じる恐れのある事故や、物質の飛散等はどうするのでしょうか?

自治体も受け入れを決める際には、住民投票なりを行い、広く住民に考えさせることをすべきかと思います。

うちの子供たちにもいいますが、こそこそやるな!!と。

国家未曾有の危機の割には?

行政・立法の予算は、「現状維持」で、国民には「増税」?

未曾有といっているのであれば、行政・立法・司法にいたるまで、大胆にスリム化をして、予算削減をするべきでは??

なぜ、現状維持+増税で、未曾有の危機に対応する?

次世代へ残したくない負債とは?

将来に残したくない負債。

それは、税金の無駄遣いをなんとも思わない政府自体であり、増税をして、穴埋めを行っていこうという政府自体かと思います。

増税して、お金が入れば、また、政府は余計なものを予算計上して、またたく間に使い切ってしまうでしょう。

日本にとって、足りないのは、お金ではなく、知恵を持った政治家なのかもしれません。

復興に関しても、前と同じものを作るのではなく、人口の流出が始まっている被災地域に関しては、復興のあり方を考えなければいけないのではないしょうか?箱物のように、作っても、使う人がいないのでは、お金を投入する意味がありません。復興という名の無駄遣いは避けるべきでしょう。

どころで、あれだけあった会議も、政権が変わった今では、無用の長物。いったい、5ヶ月間で議論されてきたことはどこにいったのか。。。。
プロフィール

cottonandbaby

Author:cottonandbaby
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。